Jさんは国家チームに帰ってきました。-www.k17.cc

J羅回代表は威張る伝射こうろうを立てるレアル・マドリーんは彼を売って「スター」鶴の一声こそ完璧やろ男たちの挽歌J羅伝射取引胜局J罗一回代表は変身ぶりにテンセントスポーツきゅう、く月に日のニュースレアル(データ)と2人の「背中鍋侠」は話題性の高いスター:本絶沢馬、J羅。馬はFIFA競技の日にしばらくのんびりしていたが、Jさんは国家チームの試合日になると話題になっている。世界の予選では、J&Pのプラットフォームは、コロンビアを助けて優勝した。これも彼が再びメディア、社交のウェブサイトで、焦点となっている。コロンビアの試合、アメリカ州の試合、人々は1つの異なったJ -ルを見ました――彼と兄弟を見た時の取るに足りないのに比べて、国家チームのJ -ルで、1つの決定的な完全であります」。今回ベネズエラ戦、J罗大放異彩:彼はまず巴卡パスを受け、得点を助けたコロンビア局面の打開のゴールを決めて、あとで右サイド上演して1回の素晴らしい人のパフォーマンスは、多くの人の中で完成逼抢を突破して、そして送り出して非常にはっきりの伝では、チームメイト拡大スコア援護攻撃。その前に、JさんはPKをなくしてしまいましたが、それを伝えた彼はやはりチーム最大の功労者でした。『馬カード新聞』のタイトルは「典型的なスター」が優勝した!」何組についてJ羅データ:コロンビアのななしち場世予選に傷病要因から、このななしち戦J羅の出場時間はあまり多く)、J羅さんにボールを援護攻撃さん度、ほとんどは場は製造いちボールの攻撃効率。しかし、今までのシーズンには、皇居内では、Jロがスペインで+欧州冠という2つの2つのレースの中で、33戦は8つのゴールが8つしかなく、効率差が2回で1つのゴールを作っている。国家チーム、J罗世予選ななしち度射がボールを取得さん、表現はスターの水準。しかしレアルJ羅は多くの時は蹴りに本当の巨星能力。Jさんの問題はとても複雑です:国家のチームの彼の特権、位置、地位、すべて絶対の赤い花で。しかし、シーズンが今に至るまで、Jさんが多くの争いに陥っているのは、国家チームによって殺されているということで、「どちらも国のために戦う」というスローガンを呼んでいた。一方で、国家チームの試合では、Jさんは必死になっても試合態度であっても、彼に勝ることはない。今年の夏には、Jさんの移籍は最初から最初から話題になっていたが、最後にJ -ルを選んだ。メディアには、Jロの在留チームが良いと思っていたが、このシーズンの初期段階から2つの交代で出場したという表現によると、Jさんの試合態度はやはり積極的である。腹を立てていると、J羅は明らかにコーラの信頼できる交代選手だ。しかしもっとマルチメディアや専門家は心配しています。結局昨シーズン、J羅でナショナルチームの表現を根拠として、同ラファ、ジダン2任監督が起こす不和をして、これも事実。星が輝き、代表チームで、クラブ唾も引っ掛けない;ナショナルチームや、クラブで端役雑用、巨大な落差は確かに人間を苦しめる。いったん彼は心理状態を正しく立てられないで、それでは彼は最後の一粒でいつでも爆発する可能性があります。新しいシーズンのJを売るのがコーラの宝ですか、それとも現実的な危険性がありますか?につれて、代表チームで再び猛威をふるい、この話題を再度各界の話題の焦点。(冷雪)

J罗回国家队就发威 传射建功皇马真不该卖他 【球星】一锤定音方显英雄本色 J罗传射引胜局 J罗一回国家队就华丽变身腾讯体育9月2日讯 皇马(数据) 两位“背锅侠”总是话题性绝高的球星:本泽马、J罗。奔马能在FIFA比赛日里暂得安逸,J罗却一到国家队比赛日,就引发热议。世预赛里,J罗大发神威,传射建功帮助哥伦比亚取胜,这也使得他再度在媒体、社交网站上,成为焦点。本周世预赛,哥伦比亚的比赛,人们看到了一个不一样的J罗——和他在皇马时的无足轻重相比,在国家队的J罗,就是一个决定性完全和内马尔、苏亚雷斯等人(在美洲赛事)处于同一级别的“现象”。本轮对阵委内瑞拉,J罗大放异彩:他先是接到巴卡传球,攻入了帮助哥伦比亚打开局面的进球,随后在右路上演一次精彩的个人表演,在多人的逼抢中完成突破过人,然后送出非常清楚的传中,助攻队友扩大比分。完场前,J罗虽然罚丢点球,但传射建功的他,仍是球队最大功臣。《马卡报》标题是“典型巨星J罗率队取胜!”有几组关于J罗数据:在哥伦比亚的7场世预赛里(因为伤病因素,这7战J罗的出场时间并不是太多),J罗打入3球助攻3次,几乎可以说是场均制造1球的攻击效率。但上赛季至今在皇马队内,J罗在西甲+欧冠这双线赛事里,33战只有8个进球8个助攻,效率差不多是2场制造1个进球。在国家队,J罗世预赛7次射正就取得3球,表现出的是巨星的水准。但在皇马,J罗却很多时候没有踢出真正的巨星能力。J罗的问题很复杂:在国家队他的特权、位置、地位,都是绝对红花;在皇马,他是绿叶。但上赛季至今,J罗很多次的陷入争议,这一方面是因为他在国家队带伤拼杀惹恼皇马,甚至喊出了“瘸了都要为国而战”的口号;另一方面也是因为,在国家队赛事里,J罗无论是拼搏精神还是比赛态度,都远胜于他在皇马时期偶尔表现出的消极态度。今年夏季,J罗的转会是从头到尾的热门话题,但最后J罗选择留队。媒体分为两派,一派认为J罗的留队是好事,从本赛季初始阶段他在皇马两场替补出战的表现来看,J罗在皇马的比赛态度还是比较积极。如果摆正心态,J罗显然会是皇马可靠的轮换球员。但更多媒体和专家却担忧:J罗能摆正心态吗?毕竟上赛季,J罗用自己在国家队的表现为依据,先后同贝尼特斯、齐达内两任教练闹出不和,这也是事实。在国家队星光璀璨,到了俱乐部无足轻重;在国家队说一不二,在俱乐部跑龙套打杂,这巨大的落差确实很折磨人。一旦他摆正不了心态,那么他就是皇马更衣室埋下的一颗随时可能引爆的暗雷。新赛季的J罗会是皇马之宝,还是皇马隐患?随着他在国家队再度发威,这个话题再度成为各界热议的焦点。(冷雪)相关的主题文章: